読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Amazon-Web-Services-クラウドデザインパターン実装ガイドを読んでみた

f:id:komeiy:20150107164847j:plain

写真提供:donnierayjones

設計ガイドを電子書籍で読んで、その勢いで実装ガイドも読んでみました。実装ガイドは色々なパターンを想定してEC2、Route53、S3、CloudFront、RDS、ELBについてその設定方法がスクリーンショット付きで解説してあります。

感想/所感

書いてある内容は冒頭の通りです。上記5項目の基本的な説明だけでなく、例えばAuto Scaleなどについても実際の設定方法が書かれています。ストーリーに沿ってこういう場合にはこれという記載方法になっているので、WEBで設定方法を調べるのとは違う観点で一冊持っておいても良いかなという一冊かと思います。

Amazon Web Services クラウドデザインパターン実装ガイド(日経BP Next ICT選書)

メモ

基本的な使い方以外に気になった点をメモしていたので残しておきます。検索してもワードが絞りづらく情報を引っ張りづらいものもありますので良かったです。

EC2のDiskについて

  • provisioned iopsボリューム
  • 従量課金
  • 最大2,000

  • ディスクはインスタンスと一緒のAZにする

  • ディスクの増設

  • EBSのスナップショットから増量したEBSを作成

  • エフェメラルを使う場合はinstance store volumesを選択

S3について

  • s3の利用
  • CNAMEを登録してドメインが同じになるように
  • バケットのパーミッションをallowにする

  • s3fsでマウント+CNAME

  • S3のキャッシュ後の変更について

  • 即座に変更するならリネーム
  • 無効するならinvalidate

  • S3のstorage index

  • 検索のためのメタデータはEC2のDBへ
  • s3上にコンテンツを配置してるのでメタデータがのる

  • s3への効率的なアップロード

  • EC2インスタンス経由
  • EC2へはtsunami udp 非NAT

  • s3cmd(安定している?)

  • サイトがajaxを使ってる場合、ホスト名がs3とec2で別になり、same-originポリシーに引っかかる。

RDS

  • RDSのバックアップ
  • 自動バックアップはInnoDBのみ。
  • デフォルト一日前、最大35日
  • RDSはデフォルト接続不可
  • スナップショットはs3に保存される
  • マルチAZを使うとスレーブ側からスナップショットを取る
  • タイプやサイズ変更は停止をともなう

  • リードレプリカ。右クリックから簡単に起動可能。リードの分散は上位で実施する。

ELB

  • ELBの分散方法
  • 同一AZの場合は負荷が低いサーバ
  • 複数のAZの場合はラウンドロビン

  • route53でCNAMEをELBのホスト名へ。ELBは固定アドレスではない

その他

  • cloud formation
  • 各種インスタンスをまとめて起動
  • インスタンスのタイプ、リージョン、AZ、アドレス、セキュリティグループ

  • auto scalingを構成する機能

  • launch configuration
  • auto scaling group
  • scaling policy
  • cloud watch

  • auto scaling command line tool

  • auto scalingの注意点

  • 逆のポリシーも作成してインスタンスを減らす。その際のアラームは10%超えた戻りにするなどする

  • as-put-scheduled-update-groupコマンドで指定の時刻にauto scaling groupの設定を変更可能。最大インスタンス数など。

  • cloud frontのurlパスマッチングを使ってリライトと同様に複数のオリジンを使用できる


シェアして頂けると嬉しいです。
参考になったという方がいれば是非お願いしますm(_ _ )m
モチベーション維持の観点で非常に励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon Web Services クラウドデザインパターン 設計ガイド

Amazon Web Services クラウドデザインパターン 設計ガイド

広告を非表示にする