読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VyOS(Vyatta)をSNMPとZabbix Agent経由で監視してみる

こーめいです。

前回エントリの続きです。 VyOSの監視まわりの設定を確認します。

  • zabbix agentによる監視
  • snmpによる監視

VyOSにzabbix_agentをインストールする

repo.zabbix.comを見てみましたが、v2.4のsqueeze用がなかったのでv2.2を使用します。

vyos@vyos:/tmp$ wget http://repo.zabbix.com/zabbix/2.2/debian/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_2.2-1+squeeze_all.deb
vyos@vyos:/tmp$ sudo dpkg -i zabbix-release_2.2-1+squeeze_all.deb
$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install zabbix-agent

zabbix_agentd.confのサーバ設定を変更します。変更したらagentを起動してください。

$ sudo vi /etc/zabbix/zabbix_agentd.conf
Server=<server address>

$ sudo service zabbix-agent start

基本的な監視はzabbixに用意されている「Template OS Linux」を利用すれば十分かと思います。zabbixサーバ側で以下の設定をしてください。

ホストを登録
  • ホスト名
  • 表示名
  • agentアドレス
ホストにテンプレートをリンク
  • Template OS Linux
  • その他、適宜

うまくデータが取得できないようであれば、Agentが正しく起動しているか、10050(default)でListenしているか等を確認してみてください。

「Template OS Linux」にはcpu, disk, networkなど基本的な内容が含まれています。eth0を監視したものが以下です。

f:id:komeiy:20141024001148j:plain

VyOS snmp設定

SNMPの設定は非常に簡単です。最低限、以下を設定すればSNMP v2cで疎通が取れると思います。

vyos@vyos# set service snmp community <community>
[edit]

RW設定およびTrapは以下のコマンドになるようです。Trapの対象を絞る機能は実装していないようです。

vyos@vyos# set service snmp community <community> authorization rw
vyos@vyos# set service snmp trap-target <server address>

こちらも同様にZabbixからSNMPを使用して監視をすることで様々なデータを取得することが可能です。標準以外のOIDはあるのでしょうか。今度全部取ってみたいと思います。

↓取ってみたので追記しておきました。

VyOSのMIBを調べてみた - ぽぽぽぽーんのネットワークとOSS


シェアして頂けると嬉しいです。
参考になったという方がいれば是非お願いしますm(_ _ )m
モチベーション維持の観点で非常に励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Vyatta仮想ルータ活用ガイド (Software Design plus)

Vyatta仮想ルータ活用ガイド (Software Design plus)

広告を非表示にする