読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

RedshiftへSQLWorkbench/Jで接続してみる

aws

redshiftへSQLWorkbench/Jで接続する方法です。

手順は以下の通りです。ポイントは 接続方法に合わせてDriverを選択するという点です。 2015年11月8日時点でpostgresqlの接続もサポートされているようです。

  • SQLWorkbench/Jをインストール
  • Redshift用のDriverをインストール
  • JDBCのURLを確認する
  • 各種パラメータを設定し接続

SQLWorkbench/Jをインストール

公式HPのDownloadsから使用するOSに合わせてStable releaseからダウンロードしインストールします。 MAC OSXの場合、通常のアプリケーションと大差はないので割愛します。

http://www.sql-workbench.net

Redshift用のDriverをインストール

今回はpostgresqlでははなくJDBCで接続します。Driverはこの記事を記載した時点で以下の通りです。

JDBC 4.1 互換ドライバ: https://s3.amazonaws.com/redshift-downloads/drivers/RedshiftJDBC41-1.1.7.1007.jar このドライバーのクラス名は com.amazon.redshift.jdbc41.Driver です。

SQLWorkbench/Jの左下のManage Driverから上記のDriverをimportします。class名はcom.amazon.redshift.jdbc41.Driverです。

RedshiftのJDBC URLを確認

Amazon Management Consoleで以下から確認します。

Clusters- > YourClusterName -> Configuration -> Cluster Database Properties -> JDBC URL

http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/redshift/latest/mgmt/images/rs-mgmt-clusters-cluster-database-properties-jdbc.png

RedshiftへSQLWorkbench/Jを使用して接続

先ほどimportしたRedshift用のDriverとJDBC URL、Master Username/Passwordを設定します。

f:id:komeiy:20151104131604p:plain

接続が問題なければ以下の通りクエリを投げることが可能です。

f:id:komeiy:20151104131842p:plain

実際にクエリを投げてみるのは各自データ内容に合わせてお好みで。 勉強用だと無料枠を超えてしまうのが痛いですね。


シェアして頂けると嬉しいです。
参考になったという方がいれば是非お願いしますm(_ _ )m
モチベーション維持の観点で非常に励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

データベース徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)

データベース徹底攻略 (WEB+DB PRESS plus)

データ分析が支えるスマホゲーム開発 ~ユーザー動向から見えてくるアプリケーションの姿~

データ分析が支えるスマホゲーム開発 ~ユーザー動向から見えてくるアプリケーションの姿~

広告を非表示にする