tail -fの結果にタイムスタンプをつける方法のメモ

f:id:komeiy:20150107164847j:plain

メモです。アプリからログに書き込まれたタイミングを確認するなど、出力にタイムスタンプをつけたい時などに使います。

tail -f error.log | while read line; do printf "$(date -u '+%F %T%z')\t$line\n"; done

出力は以下のような感じです。

2015-11-06 23:14:38+0000 Nov  6 23:14:12 komei login[3783]: USER_PROCESS: 3783 ttys000

シェアして頂けると嬉しいです。
参考になったという方がいれば是非お願いしますm(_ _ )m
モチベーション維持の観点で非常に励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

新しいLinuxの教科書

新しいLinuxの教科書

Linuxシステム[実践]入門 (Software Design plus)

Linuxシステム[実践]入門 (Software Design plus)

広告を非表示にする