BIG-IPでDSRを設定する方法

 

今日はBIG-IPでDSRの設定をしてみます。

 

高コネクションな環境に悩んでる人は一度は考えるかと思います。

なるべく共通リソースの負荷は下げたいものです、でもLBのコストは抑えたい。

ということで手始めにBIG-IPで設定をしてみたいと思います(時間ができたらLVSもやりたいと思います)

 

 

DSRって何?って人のため少しだけ。

DSRはDirect Server Returnの略です。

 

端的に言うと、クライアントからのリクエストをLBがサーバに分散し、サーバのリプライはLBを経由せず、直接クライアントに返すというものです。

 

通常:Client -> VIP(LB) -> Server -> LB -> Client

DSR:Client -> VIP(LB) -> Server -> (SW) -> Client

 

要はLBの負荷を下げたいってことです。

 

さて肝心の設定ですが、まず注意点です。

・L7バランシングではなくL4バランシングで。

・L3DSRは別途DSCPを使う等、手順が異なります。

 

◯設定サマリー

  1. デフォルトのFastL4 ProfileをベースにカスタムProfileを作成する
  2. NodeとPoolを作成する
  3. Virtual Serverを作成、この時Port TranslationとAddress Translationをdisableにし、1.で作成したプロファイルを適用する
  4. サーバにLoopbackを作成する。GWはコアSWに設定。

◯設定詳細

 

   さて、ここから具体的な設定ですが、、

 なんとトラブルで完遂できず次回に持ち越しです。。。

 

 忙しいですが来週なんとか!

 

 

[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ?スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

[24時間365日] サーバ/インフラを支える技術 ?スケーラビリティ、ハイパフォーマンス、省力運用 (WEB+DB PRESS plusシリーズ)

 

 

 

シェアして頂けると嬉しいです。 もし参考になったよという方がいれば是非お願いします。モチベーション維持の観点で非常に励みになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

広告を非表示にする